アフィリエイト・アダルトアフィリエイトでHPやブログを使って売上をドカッと上げるWebマーケティング兼比較サイトです。

高く売れるブログ文章の書き方ヒミツのノウハウ

文章はつかみが重要。つかみ、つまり冒頭部分。ブログやメルマガだと、タイトルがこれに当たる。文章はすべてつかみから始まるんだけど、そのつかみが弱いとブログ記事をメルマガ記事をどれだけ一生懸命書いても読んでもらえない。なぜなら、興味や関心を持ってもらわないと「先を読みたい」と思ってもらえないから。例えばブログなら記事のタイトルがつかみの部分。「上位表示されたい」と検索エンジンを意識したタイトルを作るのもいいけど、やはり読んでもらわないと意味がない。だから読者様の関心や興味を引くタイトルに工夫して欲しい。

例えば、どんなタイトルだろう??

「ブログのアクセスをアップさせる方法」よりも「1日のブログのアクセス数を3倍にする秘密の方法」のほうがなぜか気になる。メルマガでも同じ事が言えるはず。このつかみ次第でアクセス数やメルマガの開封率は大きく変わる。でもいきなりすごいフレーズなんて

なかなか書けるもんじゃないよね。でも訓練することでいくらでも身につける事ができるんだ。読者様の興味関心を引くコツとしては、
① 気になるキーワードを使う
② 数字を使う
③ マイナス要素を使う。
などなど

意識してみて欲しい。例えば気になるキーワードなら
・ 秘訣
・ 秘密
・ 秘策
・ 魔法の
・ 悪用厳禁
・ 取り扱い注意
など、

考えれば考えるほど思いつくはず。また数字を入れるという点では、
・ ~倍
・ ~円
・ ~人

例えば
“1ヶ月で読者様1000人獲得し、100万円稼いだ3つの秘密“
なんてのはどうだろう。

4つの具体的な数字を入れるだけでも、なかなか魅力的なタイトルになる。さらに実績が証明できれば、かなりのインパクトのあるタイトルになるはず。

タイトルにはマイナス要素を入れる

そしてマイナス要素これはかなり強力。

 

ノウハウコレクターだった私が3 ヶ月で月収100万になった秘訣
とか

 

リストラ店長が人生大逆転した秘密

 

知識ゼロ、経験ゼロから始める稼げるアフィリエイト

 

マイナスの言葉を使うとなぜか人は共感してしまうんだ。もし、

“大金持ちのお坊ちゃまが、なにも苦労せず1家ヶ月で100万稼ぐ方法“
なんてタイトルがあったら貴方はどう思うだろう。「なんだ!この野郎!」と思ってしまうはず。でも

 

“リストラ店長が人生大逆転した方法”

 

なんて見ると


「あぁ~苦労してんだね、でもそこからはい上がるなんてすごい。私も頑張ってみよう」なんて軽い仲間意識みたいのが生まれたりもする。つまりそこに“共感”が生まれるわけなんだ。貴方自身が体験した、マイナス要素失敗談など、これらを上手くプラスに転換させたり、悩みなどを解決した方法を記事タイトルにすると、読まれやすくなる。なぜなら、先ほどお話したように共感が生まれるから、共感を持って貰えれば、必ず読んでもらえる。