アフィリエイト・アダルトアフィリエイトでHPやブログを使って売上をドカッと上げるWebマーケティング兼比較サイトです。

アフィリエイトの税金と確定申告

アフィリエイトを行っている方で年収が20万以上稼ぐ場合は確定申告が必要になります。

(その年の1月1日~12月31日の売上を指します。)

サラリーマンの場合(副業)

サラリーマンのいただく、給与を「給与所得」といいます。退職の際にもらうお金を「退職所得」といいます。

 

その「給与所得」「退職所得」が発生しており、かつ、20万円を超える方は確定申告が必要です。ここで言う副業とは「アフィリエイト・ネットでのオークション売上・FXなどを指します」

 

また、その副業(アフィリエイト)の売上合計額が20万円を超えた時点で必要になります。
ex....アフィリエイトで10万+ネットオークションで18万といった場合が必要だということです。

【ワンポイント!】

また、サラリーマンの場合、アフィリエイト等で得た所得のことを「雑所得」といいますので覚えておきましょう。

 

また、現在上記での確定申告は「所得税」を支払うための確定申告なので、20万円以下でも「住民税」を支払う必要貼ります。

会社にバレるのか?という不安

サラリーマンの方の場合、通常、住民税が「特別徴収(給与所得天引)」となっているます。

会社が確定申告してくれていると思ってください。

その中で、雑所得が増えるわけですから計算のし直しになり、

市区町村役場から会社に送付される「住民税の決定通知書」の内容からアフィリエイトなどの所得があることが会社にばれる可能性があります。

対象方法!! どのように対処するのか?

確定申告する際に、「確定申告書第2表の住民税・事業税に関する事項にある給与所得以外の住民税の徴収方法」の選択で、自分で納付(普通徴収)にすることで、アフィリエイトなど給料所得以外の住民税と、給料所得の住民税を別々に納付することが可能となり、会社にバレずにアフィリエイトなどの副業をすることができます!

確定申告を行う際が一番のポイントになります!!

 

「確定申告書第2表の住民税・事業税に関する事項にある給与所得以外の住民税の徴収方法の選択(左画像)」

 

の選択で『自分で納付(普通徴収)』にチェックを入れることが重要になります。

このことによって、給与所得の住民税を別々に納付することが可能になり、会社にばれずに、アフィリエイトの副業ができます。

ここまで・・・

確定申告しなきゃ!と思ってこのページにたどり付いた方はアフィリエイトマスターですかね?

次に事業化することでの方法をご紹介しています。

 

雑所得を事業所得にすることで必要経費化できますのでお得ですので確認をしてください。